□■ご訪問ありがとうございます■□
いつもご訪問ありがとうございます!(゚∀゚)ノ
ただいまコメント欄はクローズ中です。メッセージは拍手or右枠下のメールからお待ちしております! IMG_0251-m.jpg
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
お久し振りのブログ更新。
我が家のPCは瀕死の状態なのですが、iPadでのブログのアップが出来るようになりましたー!
わーい、わーい(♡ˊ͈ ॢ꒳ ॢˋ͈)・*♡

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

さて、本題に。
ちょびは今年の6月からホッペにオデキのような傷ができ、抗生物質を2週間ごとに変えて飲み続けていました。
実は2年前にもちょうど同じ梅雨時期から全く同じ症状になり、その時も抗生物質を飲んで4ヶ月で治ったんです。
歯の状態を見ても歯石も無く歯茎も綺麗、歯の根元で化膿がおきている様には見えない。
何かの弾みでホッペの内側にバイ菌が入り化膿しているだろうとの見解で、今回も完治までは長いなーと思いながら薬を与えていました。

目の下に潰れたオデキの様な状態、化膿して膿が出るのを繰り返します。
本人が痛がらないのが幸い。


ホームドクターは抗生物質で治らなかったら、最終的にはホッペの穴の空いた部分を切除する手術をしましょうと今回も2年前も話していました。
ウチの先生は、極力ワンコが痛くない治療をというのがモットー。痛みがあれば取り除いてあげる、いま痛みがなけれは出来るだけ痛みを伴わない治療をという様にしてくれています。

そうやって6月から既に5ヶ月が過ぎていました。
たまたまちゅらの歯石取りをしてくれそうな病院をネットで探していたところ、ちょびと同じ症状のわんちゃんの写真を載せている動物病院を発見!根尖膿瘍の症状だと書いてありました。

根尖膿瘍とは、歯髄からの細菌感染によって歯の根(歯根部)に膿の袋ができることを言います。
症状のうち、最も多いのが眼の下の腫れや、眼下皮膚からの排膿です。
上顎第四前臼歯が好発部位で、完治させるためには抜歯処置が必要です。


慌てて根尖膿瘍について調べると、どう見てもちょびの症状と一致… ((ᵒॢꈊᵒ᷅ ू‖))՞
歯茎の中の事はレントゲンを撮らなければ確定出来ないため、無麻酔で口のレントゲンが撮ってくれる病院へ行くことにしました。(通常だと麻酔なければレントゲンは撮れません)

11月7日、都内の病院で無麻酔でレントゲンを撮ってもらい、デジタル化された画像を見ると、
はい、根尖膿瘍確定…(º̥̥ꄃº̥̥ˋ)
その上、この状態だと抜髄手術ではカバーしきれなく、抜歯が必要かもとの見解でした。

症状が出てから既に5ヶ月過ぎているので、歯が原因と解ったいま 早く治療して欲しくて仕方がありません。
歯周病が原因で、心臓や脳に菌が行くことも考えられるのです…
治療の麻酔手術の予約を取ろうと思ったら、こちらの病院だと一番早くても来年になってしまうとのこと…
そんなに待てませーん… ǂ͜''ョッ =͟͟͞͞ ٩(꒪ꈊ͒ ꒪;)))۶
他の歯科治療をやっている良さそうな動物病院を探して、ようやく11月22日に予約を取ることができました。


つづく


関連記事
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。